こんにちは!有限会社鼓製材です。
弊社では三重県いなべ市を中心に、キッチンリフォームやお風呂リフォーム、注文住宅の設計などを行っております。

地震大国である日本。
大きな地震が頻繁に起こっているだけに、いつどこで被害に遭うかわかりません。
東日本大震災では、全壊した家屋が12万戸以上、半壊家屋は27万戸以上にも上りました。

今回は、万が一の地震に備えた耐震リフォームに関する豆知識をご紹介いたします。

耐震リフォームの豆知識

地震による家屋の倒壊や損傷は人命の危機につながります。
1950年には、建築基準法により耐震基準が定められました。
その後1981年には「新耐震基準」が定められ、耐震基準はこれ以降も改正されています。
特に現在は、木造住宅を建築する場合に重要視されています。

新耐震基準では、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような造りを基準としています。
裏を返せば、1981年より前に建てられた住宅は、要注意ということになります。

耐震補強の突っ張り棒などで、家具を固定することは自分でもできますが、土台や壁の補強などの根幹的な耐震リフォームを行うには専門的な知識や技術が必要不可欠です。

今お住まいの住宅の耐震が気になる方は、プロである私たちにお任せください。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーー
いなべ市で注文住宅の相談やお風呂リフォームの費用に関しては有限会社鼓製材

〒511-0421
三重県いなべ市北勢町皷514番地
0594-72-2615 ※営業電話お断り
ーーーーーーーーーーーーーー