こんにちは!
三重県いなべ市を拠点に、キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・注文住宅などの施工を手がける有限会社鼓製材です。
よく「家は一生もの」だといわれますが、実際には購入して終わりではありません。
年月の経過に合わせてさまざまなメンテナンスが必要になるものです。
そこで今回は、メンテナンスが「いつ」「どこに」必要となるのかを解説していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

築5年~15年


外壁を例に挙げると、築後5年~10年は、取り替えではなく塗装を再補強することで対応できる時期といえます。
外壁の多くは、窒業系セメントを用いてできていて、繊維質原料を加えて型取りしたサイディングという資材が使われていることが多いです。
アクリルやウレタン、シリコンといった塗装を重ねてコーティングすることで耐久性が上がりますが、塗料により耐久性は変わります。
サイディングの継ぎ目に施すシーリングにも、およそ10年を過ぎればひび割れが発生することがありますので、同じタイミングではがして打ち直すといいでしょう。
築後10年あたりから屋根の雨漏りもメンテナンスが必要なタイミングになります。
屋根の勾配の状況や瓦の有無、瓦の形状などによって必要となる作業や工程は違ってきますが、張り替え(葺き替え)ではなく、塗装での対応が可能な時期だといえるでしょう。
また内装では、クロスの変色や汚れが目立ったり、傷んではがれたりすることが出てくる時期といえます。
日々の清掃を通してメンテナンスをしっかりと行えば、修繕のサイクルを遅らせることはできるでしょう。
アンモニアを含む専用の洗剤を用いて清掃したり、ご自身でDIY感覚で張り替えることもできます。
しかし長持ちさせるために、リフォームのプロに相談してみることも一つの方法だといえますね。

築15年~20年

給排水管などの設備機器、空調機器が傷んでいることも多く、内装、外観ともに入れ替えを検討する時期になります。
ただし、すべてを入れ替えると修繕費用のコストが上がってしまいますので、必要のない修繕をカットし、劣化した部分だけ交換することをオススメします。
また見積もりは3社ほどに依頼し、金額面や内容の説明など、しっかりと納得できたところに施工をお願いするといいでしょう。

築20年~30年

ほぼ入れ替えも済んで新しい時期を迎えようという時期になります。
日ごろの清掃を通してメンテナンスをすることで、外壁や内装の修繕コストや住宅の寿命は、放置した場合とでは大きく変わってきます。

新規お取引先を募集中です!


有限会社鼓製材では、新規お取引先を募集中です。
「トイレをバリアフリーにしたい」
「冬はお風呂が寒くて入浴がツライ」
そんな不安や悩みを抱えていませんか?
建築後にメンテナンスが不要な家は存在しません。
確かな実績をもった私どもが、お客さまの不安や悩みを解決します!
ぜひ優秀なスタッフが在籍している、有限会社鼓製材にお任せください。
まずはお問い合わせください。
ご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーー
いなべ市で注文住宅の相談やお風呂リフォームの費用に関しては有限会社鼓製材

〒511-0421
三重県いなべ市北勢町皷514番地
0594-72-2615 ※営業電話お断り
ーーーーーーーーーーーーーー