こんにちは!三重県いなべ市にある有限会社鼓製材です。
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・注文住宅などの施工を行っています。
皆さんは、近年になってバリアフリーに対応した家が注目されているのを知っているでしょうか。
高齢になってくると、体が弱って些細なことで命の危険にさらされるリスクがあります。
また介護をする家族にとっても、介護しにくい家は大きなリスクを抱えることになります。
介護しにくい家が原因で、高齢者と家族の間に亀裂が生まれる可能性は、0とはいえません。
この記事では、バリアフリーに対応した家が気になる方向けに役立つ情報をご紹介します。
「家をバリアフリーにするなら、どこに注目をしたらいいのか?」
そんな疑問を解決していきます。

部屋の段差

部屋の段差は、高齢者にとって大きなリスクがあるので注意が必要です。
年齢を重ねてくると、足の筋肉が弱り、うまく上げられない人が多くなってきます。
部屋に高い段差があると、どうなるでしょうか。
そう、最悪転倒によって腰を打ってしまう可能性もあります。
そのため家をバリアフリーにする工事が求められるのです。

階段

階段は、高齢者にとって危険な場所といわれています。
階段の素材によっては滑りやすくなっているため、高齢者の足ではふんばれず転倒してしまうなど、
大けがをするリスクが存在します。
高齢者が階段で転倒するリスクを抑えるためには、階段の見直しが大切。
たとえば滑り止めの設置や壁に手すりをつけるなど、工夫が必要になってきます。
滑り止めが入った踏板に変更するといった方法もあるので、さまざまなやり方を検討していきましょう。

お風呂の床

お風呂の床は濡れると滑りやすくなり、高齢者が転倒してしまうリスクも。
とくに昔ながらの目地があるお風呂の床は濡れると滑りやすくなります。
また目地に汚れがたまることで掃除も大変です。
年齢を重ねた方が、毎日床を気にしながら入浴できるでしょうか。
また中腰の姿勢が求められるお風呂掃除を頻繁に行うのも大変です。
そんなときは、滑りにくさ・掃除のしやすさを兼ね備えた床材の検討をおすすめします。
導入には時間がかかるものの、導入後は転倒の不安が軽減され掃除のしやすさも格段にアップします。

新規お取引先を募集中です

有限会社鼓製材では、新規お取引先を募集中です。
「今の家では、将来の介護に備えられない」
「バリアフリーの家にしたいけど、まずは何をしたらいいのか分からない」
そんな不安を感じていませんか。
有限会社鼓製材は、確かな実績を積んできた会社です。
お客さまの不安に寄り添い、正しい答えを導き出します。
私どもと一緒に、理想的な家を実現していきましょう。
まずはお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーー
いなべ市で注文住宅価格・お風呂リフォーム費用は(有)鼓製材

〒511-0421
三重県いなべ市北勢町皷514番地
0594-72-2615 ※営業電話お断り
ーーーーーーーーーーーーーー