注文住宅

今回ご紹介するのは、注文住宅の施工事例です。
ぜひご覧ください。

さて、ここからは「注文住宅と建売住宅って、どう違うの?」と疑問に思われた方に向けて情報をお届けいたします。

注文住宅と建売住宅の違いとは?

注文住宅と建売住宅は、それぞれにメリット・デメリットがあります。
建売住宅は大量仕入れなどを行なうためコストダウンすることができたり、購入後即入居することができたり、仕上がりを確認してから購入することができたりします。
一方注文住宅では、積み上げ式で割高になったり、完成までの期間が長かったり、完成まで仕上がりを確認することができないというデメリットをもっています。
しかしその反面、注文住宅は建築中の過程を確認できるうえ、自由度の高い設計でこだわりのある空間を実現することができます。
それぞれの違いを理解したうえで、注文住宅にするか建売住宅にするか検討されることをおすすめいたします。

注文住宅のバリエーション

注文住宅には、フルオーダー、セミオーダー、規格型住宅があります。
フルオーダーは細部まですべてオーダーをすることができ、セミオーダーはこだわりにメリハリをつけたベーシックなフリー設計を行なうことができます。
規格型住宅は、あらかじめ間取りを決めたコストパフォーマンスを重視した内容となっております。

お気軽にお問い合わせください!

注文住宅のことなら、三重県いなべ市のツヅミハウジングにお任せください。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

TOPへ